スポンサード リンク

February 23, 2013

元厚労省職員が教える海外の医学部を卒業して日本で医師になる方法 (YELL books)4

えー。。。お久しぶりでございます。
このブログも前回の更新が一年以上になるのですね。

私事ですが、実は今日本に一旦帰国してまして都内の某病院にて臨床研修をしています。まぁ国家試験受かったんだし研修とかも一応やっとくぅ? てな感じでそんな流れになったんですが、帰国時のドタバタもありすっかりブログの存在を忘れておりました(呆

日本での臨床研修の体験談はまたの機会にするとして(いつになるのやら!?)今回はまずこの前本屋で偶々見つけた本を紹介しようと思っています。医師国家試験受験資格認定に関する本です。今でも、まれ〜に海外の医学部の方からメールかコメントで質問があったりするので(もし返事を返してなかったら大変申し訳ないです。。。)そういった方にはお奨め出来ると思います。

今まで全く無かった本

この本は、「海外の医学部を卒業して日本でも医者になりたいんだけどどうやって申請すればいいんだろう」とか、もしくは「海外の医学部に在学中なんだけど日本で将来働けるのかな?」という方に向けて作られた本です。

ちなみに、海外の医学部への入学の仕方のノウハウ等は載っていません。

完全に「どういう風に厚生労働省に申請をしたら良いか」、申請の良い例、悪い例等が載っていて、その事に関しては具体的な説明が書いています。また、日本語診察能力調査のこのについても触れてあったり、ま予備試験の事についても述べてあります。予備試験は僕は受験しなかったので、内容は殆ど読みませんでしたが。。。

既に書類審査を受け、その審査に通過し、その過程を実体験で経験済みの自分としては、内容的にはこの本に物凄く目新しい事が書かれているとは言い難いですが(というか自分にとってはもう必要ない本)、やはりこういう紙媒体でそれなりに詳しく、具体的に書いてあるというのは今までなかったのでそういった意味では一部の人にとっては価値のある本ではないでしょうか。

タイトルが「元厚労省」と書いていて中々インパクトがあり、僕も「これ本当かよ〜」とか半信半疑で読んでいったのですが、内容を見ていくと、役所内部の人間、もしくは申請した本人しか持っていない書類などが本に掲載(流出?)されていたりして、「これ載せちゃって良いのかな?」なんて思っちゃいました。申請書類や外国の医師免許も名前は伏せてあるけど掲載してるし。。。

そんなBUBKA(c白夜書房)チックな本。。。でもないですが、海外医学部出身で日本の国家試験受験を考えている方は読んでも損はないと思います。

ただ付け加えると、この本でもその事について触れてありますが、今後更に申請の仕方などが変更になったり、申請制度自体が中止になったりする可能性もあるので、十分な注意が必要だと思います。また、こういった本があり、しっかり申請しても必ずしも国家試験が受けられる訳ではないという事に留意しておかねばいけませんね。。。


元厚労省職員が教える海外の医学部を卒業して日本で医師になる方法 (YELL books)
国試対策委員会・帰国子女部
エール出版社
売り上げランキング: 38,613


人気ブログランキングにほんブログ村に参加しています。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ にほんブログ村 病気ブログ 海外医療へ
usmlebusters at 21:00│Comments(0)
[医師国家試験] 医師国家試験受験資格認定 | [医学書] Others その他
スポンサード リンク

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔